スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
昨日はフィギュアの前にカーリングに見入っちゃったよ
やっぱり、間に合いませんでしたね。
予言どおり(苦笑)。
バンクーバーオリンピック、フィギュアスケート男子シングル
始まりましたね~。
SPが終わり、織田君は4位。
3位の高橋選手、8位の小塚選手と共に、大きなミスのない立派な演技でした。
3枠効果もあるんでしょうか。
16日夕方のニュースでフリーの滑走順の抽選の模様が流れていましたが、3人ともリラックスした様子でしたね。並んでおそろいのウェアを着てちょこんと座っている様子が、なんともほほえましくて(* ̄m ̄)


と言っても私は、前もってはあまり気にかけていたわけではないのです。
どうも、私が想像(妄想とも言う)したことというのは、ほとんどの場合(いや全部か?)実現しないので、うっかり表彰台に載っている姿とか、4-3-3を成功させた姿を思い浮かべたりしないように、あえて考えないようにしていました。
だからなのか、SPをLIVEで見ていたのに、なぜか現実味が感じられない。
顔ぶれで行くと、GPSでもよく見る面々だし、日本男子3人も出ているし。



それでも、織田君の出番が近づいてくるにしたがって、
「どうしよう、どうしよう」
と、わけのわからない焦燥感というものに襲われたりして。
もうね、演技中は、必死でした。
がんばれがんばれって、そればっかり。
最後のスピンなんて、TV画面の織田君の伸ばした足に指を引っ掛けて、くるくる回したい気分でした。
ちょっと硬いかな~とも思いましたが、初出場でこの演技、この順位は、もう充分ですね。
ただひとつ。
コンビネーションジャンプの加点が、0.6って!
ありえない!!
すごくきれいなジャンプだったのに!
と、ちょっと怒っておこう。



フリーもこの調子でがんばって!
と言いたいところですが、

もう、がんばらなくてもいいや。

てか、欲とか不安とか焦りとか、そういうものを越えたところで演技ができたら、最高だろうなと。
そう思うわけですよ。
やるべきことは全てやって、彼の地に立っているのだろうから。
あとやることは、演技に集中することだけ。
という心境でその時を迎えられたら、それ以上のことはありませんよね。




と、見るだけの人間は言うけれど、
それが簡単にできたら苦労はないわけで。
特に、SPとFSの間に1日挟むので、緊張しいの織田君は大変ですね。
緊張しすぎて、疲れてないかしら。
おなか壊してないかしら。
なんて、まるで息子をもった親のような心配をしてしまう。

あらあら、話がずれていく。
とにかく!
明日のフリー、どうか織田君が緊張しすぎないで迎えられますように。
心静かに、演技を始められますように。
と、願わずに入られません。




なんて、到底静かには見られないだろう私が言っても、説得力がないのですけど。
昨日も、独り言がすごかった(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

[2010/02/18 12:36] | 織田信成君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<珍道中って言っても今回はさほど珍なことはないぞ | ホーム | カーテンズの感想(俳優さん編)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://okoyuki.blog99.fc2.com/tb.php/337-55d59e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。