スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
全日本(ビッグハット)への道(笑)
ビッグハットへの道中を、書き記してみました。
あくまでも、個人的な覚書のようなものなので、飛ばしてくださいませ。
ビッグハットは遠かった。


一言で言うと、こんな感じでしょうか。
いや、ホント遠かった。

何せ名古屋からしなのでおよそ3時間。子供を預けた実家から電車の乗り換え時間も合わせると、4時間っすよ!家を朝7時半過ぎに子供たち連れて出て、実家に着いて子供たちを預けたら、出発です。荷物を持って最寄り駅まで歩き、8時4分の電車に乗りました。
名古屋鉄道、略して名鉄。この名鉄がね、とにかく本線優先なわけですよ。さらに、近年常滑に空港ができてから、常滑・内海線も常滑線が優先されるようになり、内海・河和線はすっかり不便になりました。

しかし、不便にも程がある。

実家の最寄り駅は普通電車しか止まらない駅。なので阿久比駅で急行に乗り換える。
ところがこの急行が、太田川から普通になるという。仕方なくそこでまた急行に乗り換えたのだが、これもまた神宮前から先は普通に変わってしまうという。
なので、またしても乗り換え。
名古屋まで乗り換えも含めて40分ほどの時間なのに、なんと3回も乗り換えたのだ
この冷遇に、私は朝の9時に早くも疲れていた。

さらに、3時間のしなの。
これが揺れるんだ。乗り物に弱い私には、拷問に近い。そうだ。去年の7月の野辺山のときも、そうだった。あの、織田君のいなかった野辺山。なんだか、遠い昔のような気がします。
いや、そうじゃなくて。

それでも昔よりは乗り物には強くなった私。何とか少しは眠ることができました。
起きたら、窓の外は雪景色。
大丈夫かしらと思ったけど、案外長野の駅の近辺は、それほど雪も積もっていなくて、雪の降りもそれほど強くありませんでした。でも、荷物は重いし老体だしで、ホテルまでタクシーを使ってしまった。さらに、ビッグハットまでも(* ̄m ̄)


ビッグハットに着いたものの、男子の練習も終わってしまっていて中途半端な時間。
スケジュールを確認してから電車の切符を取ればよかったわ。
でも、しばらくしたら友人からメールが。
彼女は私と家が近所なのだけど、もともと実家が長野の人。その日はお母様を誘って子供も連れての観戦でした。
売店で買ったものでいっしょにお昼を済ませ、しばらくおしゃべりをした後で別れました。彼女は小さい子供連れなので、A席にしたのだそう。お母様は真央ちゃんファンで、上の子といっしょにアリーナで女子のSPを見たあとで、満足して帰っていかれました。友人も、子供が限界なので、いっしょに帰っていきました。また来年会おうね~。

私はというと、このときすでにねむねむモード。
昨夜の夜更かしのために、コンタクトを入れた目が辛い。今日のために早く寝たかったんだけど、男子のSPの放送が深夜だったので。見ないわけには、いかないでしょう。織田君のために早く寝たいのに、織田君のために夜更かしをしてしまう。なんという不条理!

でも、帰るわけにはいかないので、織田君に投げる花を買ったあとはぶらぶら。してたら、男子FPが始まる間際になってしまい、慌てました(^_^;)


演技の最中については、前の記事に書いたので、割愛


さて、ビッグハットを出てシャトルバス乗り場へ行くと、長蛇の列。
20分も寒風吹きすさぶ中待ちました。
駅から今度は徒歩でホテルまで行き、チェックイン。このときすでに、11時30分をかなり過ぎていました。ああっ!TV放送始まってる!急いでいたので、言われるままに現金先払いで支払いを済ませ、部屋へ。上着も脱がずにTVをつけたら、織田君の演技が始まったところでした。やばやば。
食い入るようにTVを見つめ、織田君が終わってからやっと上着を脱いだ。

そこで、はたと気がついた。

支払いって、カード決済じゃなかったっけ??


ネット予約の際の画面をプリントアウトして持って行っていたので、確認。
ほら、やっぱり。
おまけに金額も違っている。
早速フロントに電話。
フロントの言うことには、
「日〇旅行から、現金払いと連絡が来ている。」

だけど、こっちだって引き下がれない。
2重に取られちゃ、たまらない。
そういえば、カード会社から1月分の支払いが確定したとのメールが来ていたけど、確認してなかったなあ。しまった、ちゃんと見ておけばよかった。なんて思いながら、
「でも、カードの決済が済んでから、契約確定になると書いてあるので、こちらに予約が入っているということは、もう決済になっているということだと思うんです。」
と、言い張った。


結局、その日は時間も遅く、翌日もチェックアウトまでに確認は取れなかったようだけど、現金で支払った分は返金してもらった。持っていた予約画面は、コピーを取られたけど。
ゴネ客だと言ってはいけない。
だって、帰宅して早速チェックしたところ、ちゃんと1月引き落とし分として、ホテル宿泊代が載ってきていたのだ。
あぶない、あぶない。


10時長野発のしなので3時間。乗換えで名鉄名古屋駅に。今日からの時刻表改正で内海・河和行きの特急に一般車両が導入されたのだが、ちょうどその電車がまもなく来るところ。
ナイス・タイミング!
しかも、座れた!
行きの苦労はなんだったのか。帰りは阿久比で普通電車に乗り換えただけの、らくらく道程でした。




<ここからは半ば愚痴>

しかし、それにしてもあの日は、小塚選手がかっさらっていったなあ。
優勝したのに、織田君にとっては半アウェー状態。ホームなのにアウェーって・・・。

この状況にTV局の扇動が関係ないとは、いえないだろう。
元はといえば、GPシリーズを放映した、あの局。
見たくて見たわけではなくて、DVDに登録しておいたキーワードに引っかかって録画されていたのを見たのですが。大きな身体の物知りタレントがやっている、深夜番組の話です。
私が知る限り、その番組では今季2度、フィギュア特集をしています。1度はGPSが始まってから(だと思う)、もう1度はGPF前。


1度目は、伊藤みどりさんをゲストに招いて、GPSの展望などを話していました。が、その頃から、小塚選手プッシュ。女子でさえ、さらっと流した程度。男子なんか、GPSには小塚選手以外出ないかのような扱い。
今思えば、GPFを放送する局としては、GPFに出る見込みのない選手には、用がないといったところだったのでしょう。

2度目は、小塚選手特集でした。前後して、朝の番組でもほとんど同じ内容のものを放送していたほどの、力の入れよう。GPFで小塚選手が2位を取ったときは、(優勝ではなかったものの)局としては、万々歳だったでしょう。


その流れを引き継いだのが、全日本選手権を放映した局。
小塚選手をGPF2位と持ち上げつつ、織田君のことは「不祥事による謹慎からの」復活と、何気に落としている。いやね。本当のことなんだけど、事あるごとに言わなくても、いいじゃないの。見るほうにしたら、何度も言われてるうちに、
「不祥事起こして謹慎していた選手」よりも、「今季赤丸急上昇のTV局一押しの選手」の方を、応援したくなるのは当然じゃないの。


オマケに「絶対王者不在により戦国時代」って。
それでいて、注目は2人!って、どっちやねん。


で、いざやってみると。
SP終了時に、織田君と小塚君の点差は大きく開いてしまって、今度は4回転を制したものが、勝つ!とか言っちゃって。んでもって、4回転、4回転ってアオリまくっちゃって。
2人ともまだ、公式戦で成功したことないんですけど~。


最終的には、4回転は2人ともこけちゃって、肝心の勝負も織田君が大差で勝ってしまって、なんとな~くしらけたムードに。
これはやばいと思ったフ〇。優勝インタビューで織田君を泣かしにかかった。しつこくしつこくつついて、とうとう織田君がこらえきれなくなって涙をこぼすと、そ知らぬ顔で今後の意気込みなんて聞き始めた。
ひどい!むかつく!!


と言いたいところなのだけど・・・。


織田君の涙に、これまでの辛かったこととか、苦しかったこととか思い出しちゃったのね。ほんとに、帰ってこられてよかったね。帰ってきてくれて、ありがとう~。
とか、思っちゃって。
まんまとTV局の思惑に、はまってしまっていたのでした。
くそ~。


今後、四大陸選手権、世界選手権と続くわけだけれど、こんな妙なアオリが続くんだろうな。
すでに、うんざりです・・・。


スポンサーサイト
[2008/12/29 02:38] | 織田信成君 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<全日本、なぜ小塚選手と織田君の点差はあれほど開いたのか?を、考えてみよう。 | ホーム | まさに「悲願の」という言葉がぴったり来るような、そんな優勝でしたね。おめでとう!全日本チャンプ・織田信成君♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://okoyuki.blog99.fc2.com/tb.php/123-6344d557
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。