スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
今更だけどうたっておどろんぱ!を応援しちゃうのであるう~
久々の日記は、漫画の話ではございません。
N○K教育の番組で、「うたっておどろんぱ!」という番組があります。
同じタイトルで、全く違う出演者と設定の時代もありましたが、ここで私が話題にするのは(そしてこれからも私が書くのは)、2001年から始まったシリーズのことです。あしからず。
これから先は、おどろんぱに興味のわかない方は、読まれない方がいいでしょう。疲れるだけでしょうから。
読まない方、さよ~なら~。




さて、この番組、タイトルどおり、出演者たちが歌って踊っている番組です。しかしこれが、「幼児向け番組」とうたっているにもかかわらず、なかなか侮れないのでございます。

出演者は、女の子(という年でもなくなっちゃったなあ)と着ぐるみ(何とかショーでおなじみの頭だけ被り物のヤツ)1体。それに、ダンスのお兄さん3人。
このお兄さんたちが、半端じゃなくうまい!この春から6年目に突入した人気番組だけど、放映開始当時からすでにプロで、活躍していた方々です。女の子も、最初は高校生だったけど、今では二十歳も過ぎて、立派なプロです。
当初からわりに見ていたんだけど、途中2年ちょっとくらいの間見ていなくて、つい最近、今年に入ってからまた見ていたのに、なんと3月で番組が終了してしまったのだ。がっくし。
4月からは、「おどろんぱ!ぷらす」というタイトルで、15分番組から5分番組になって、土曜17時40分からやってま~す。なんや、マイナスやんか!なんて、お約束のツッコミを入れつつ、心は泣いているのであった。しくしくしく・・・。
あっという間に終わっちまうんだよ、5分番組。しかも、今週は先週の再放送だったよ。あう~(T_T)

この番組、ウチの子達がすっかりはまってしまい(母の策略とも言う)、来る日も来る日もDVDを繰り返し見ている毎日です。最近では、1歳8ヶ月のチビまでも、曲が始まると立ち上がって踊っています。しかも、振り付け合ってるし(* ̄m ̄) 将来は、ダンサーか?

3人のお兄さんの中でも、一番ダンスがうまいのが、緑がイメージカラーのお兄さんこーじ(青山航士さん)です。この人は、基本がクラシックバレエらしく、ジャンプやその他の動きでもバレエの要素をよく取り入れています。それがまた、ウツクシイのだ。バレエの動きに限らず、どんなダンスを踊っても、体線がきれい。男の人はきれいな体線が出にくいと聞いたことがあるけれど、この人の身体は実にきれいなラインを描きます。
体全体が柔軟で、かつ力強く。なんと言ったらいいのか。とてもしなやかで、けれどその下には大きなエネルギーを溜め込んでる感じ。鍛え上げた肉体という言葉は聞いたことがあるけれど、この場合は、「磨き上げた」と言いたい。
あああ、私は全くダンスに詳しくない上に語彙が少ないので、なんと表現していいのか、わからない。もどかしいいいっ!

何をどう表現するにも、体全体を意識して使っている感じです。
腕を動かすにも、肩甲骨から動かし、さらに腹筋も背筋も使い指先まで意識する、と、常に全身を使って表現しようとしている。こんな全力のダンスを幼児向け番組でしてしまっていいのか?と言いたくなるような、指先、つま先まで使い切る動きから、目が離せません。

が、いかんせん、私は動体視力が人並み以下なので、目で動きを追いきれず、いつも録画したものをスロー再生してみています。
スロー再生すると、ポーズからポーズの間もスローになってよく見えるのだけれど、その間も、どこをとっても不恰好な瞬間がないくらい。動き全てに無駄がなく、体の全てに神経が行き届いている。


この人のダンスを、テレビやDVDばかりではなく、是非生で見てみたい。ミュージカルなどにも多数出演しているということなのですが、東京公演ばかりで、地方の私には観劇は夢のまた夢。
は~・・・。
ため息が出るばかりでございます。

おどろんぱを見るようになって、やっぱり子供たちにバレエは正解だったと、改めて思う私です。あの美しい膝下ラインが、ウチの娘たちにも備わったらと思うと、ゾクゾクします。
ああどうか、それまでやめるなんて言わないでね。お願いよ。
スポンサーサイト
[2006/04/15 01:54] | うたっておどろんぱ! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
日記を書いた以外にも、まんが喫茶は行ってるんだよ。たまにだけど。
いつも、月曜日は長女が4時限で2時半ごろに帰ってきてしまうので、出かけるのが遅くなるとまんが喫茶に行くこともできない。せっかく、次女がバレエでバス降園じゃないのにね。バスだと、やっぱり2時半なの。
でも今日は、変更があって5時限。帰りは3時20分ごろとあって、久々にゆったりと本を読むことができました。いつもなら規定の1時間半を待たずに出てきてしまうこともあるのに、今日は延長!しちゃったわん。

で、何を読んでいるかというとね。
前に読みかけた「ベルセルク」はそのままに、なんと「ディアボーイズ」。これ、act.2の途中までは買ってたんだけど、長くなってしまったのでもうやめてしまったのだ。んで、2の頭から読み始めたんだけど、やっぱり1から読みたくなってきてしまった・・・。やばいぞ。あああ~。またそろえてしまいそう~(>_<)
「スラムダンク」は、姉が持ってるからいいんだけど、こっちはな~。
マンガ喫茶行って読むと、そろえたくなっちゃうのがイカン。
我慢だ、我慢。
じっと我慢するのだぞ~。うずうずうず。
[2006/04/17 14:25] | まんが | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
おどろんぱ警報発令でござる~(≧∇≦)
いやはや。
先週の記事では、オタク的発言多数で、大変失礼致しました。でも、こんなサイトを運営してる人間なんだから、元々オタクちゃんなんだけどね。いや、ちゃんって年でもないか。
それはともかく、今日も、オタク心全開で行きまっせ。


おどろんぱ!プラス」、今日は新作でしたね~。うれし~ん。先週は再放送だったから、これからは新作、再放送のサイクルで行くのかしら。うう~ん。5分で2週間待つのか。長い、な。
でもでも、中身は濃い!プラスだね。
「ゆらゆらゆらら」は、最初のDVDにも収録されている懐かしい曲。
そちらとはイメージが違った。最初、セットが何もなくて寂しいと思っていたんだけど、何度か見ているうちに、これは水底なんじゃないかと気がついた。遅い?
なるほど、それであの青山さんの美しい腕の動きなのですな。ゆらゆらと水の流れにまかせてゆらめく様が、あの腕の動きで表現されていたのだわ。

青山さんって、体中どこをとってもラインの美しい人だけれど、私は特に腕と膝下が好き。おどろんぱでは鳥を表現することが何度かあったけれど、しなやかで優美で空を飛ぶための強靭な筋肉を有した翼が、確かにその背に見えました。三忍者でさえ、腕の動きに目を奪われる私って、ホント好きだわ。って、ああまたこんな発言をしてしまう私。でも、好きなのよう。フェチと言われようが、しょうがないじゃん。

はー、長い2週間が、また始まるのね。それにしても、眠い。
[2006/04/22 02:53] | うたっておどろんぱ! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
戻ってきた女。それは私・・・
大変申し訳ありません。
またまたおどろんぱの話題でございます。
何せ、出戻りファンなので、言いたいこと山盛りあるんですよ~。


いえね。
戻ってきたおどろんぱファンの私は、気がついたら何も持っていなかったんですわ。
2年以上もの間、ほとんど見ていなかったわけで、見ていた頃だってビデオも撮っていなかった。今となってみると、悔やまれる事しきりなわけです。DVD買ったけど、合間の小芝居なんてほとんど入ってないし、歌だって全て収録されているわけでもない。15分番最終回の『お楽しみステージ』で、DVDに入ってないけど覚えのある歌があって、愕然としたものでした。

ああああああああっ!
どなたか、TVを録画したビデオをダビングさせてくだされませ~(T人T) オネガイ!


今ごろそんなことを言うくらいなら、なぜ2年以上もの間見ていなかったのか。なぜ、見なくなってしまったのか。と言われてしまうと思いますが、それにはいくつかの理由があります。
2003年。私は、この年の途中から見なくなったのですが、この年を言うと、早くからのおどろんぱファンなら、見当もつくと思います。

この年の4月から、『うたっておどろんぱ』は、大きくその形を変えました(と、私は思っています)。

メンバーが入れ替わった。これは、私にとっては大した意味はありませんでした(笑)。
設定が変わった。それまでの2年間は、なんと「なかったこと」になってしまったのです。おどる君は、何も知らない小さい子供のような設定になってしまって、ひとみちゃんたちと初めて出会うところからのスタートとなりました。何で??という思いでいっぱいでした。
構成がかわった。それまで、マスコット的な扱いだったおどる君が、ひとみちゃんとともにメインに据えられ、2人のシーンが多くなった。つまり、お兄さんたちの出番が減ったのでした。
衣装が変わった。地味になった~。と、不満でした。今になると、現在のものの方が、体の線がよくわかっていいと思います。前の衣装は動きにくそうでしたね。
振り付けが変わった。以前の振り付けがかわいくって好きだった私には、これはショックでした。「なんか違う~」と思ったら、振り付けの方が替わっていたのですね。今では、替わってからのものもいいと思えますが、当時は残念な気持ちでいっぱいでした。
全体として言える事に、青山さんの出番が減った。あはは~。ミーハーな私。小芝居でもダンスでも、今までお兄さんたちの中ではメインだったのに、端に追いやられている~(>_<)と、不満爆発でした。こちらも今では、端のほうが思い切り踊れていい感じ~(* ̄∇ ̄*)エヘヘなんて思ってます。どうやら一時期だけだったようだし。

今から思えば、私も心が狭かったのね。
もっと広い心で、見続けていればよかった。そして、ばっちりビデオも撮っておけばよかった。トホホ。
どうか!どうか、どなたかビデオ貸して下され~っ!!


と、あんまり悔しいので、CD買っちゃいました。
実家に届けてもらったのを、今日開いて車に持ち込み!やっぱ古いのからでしょ。と、まずは初期の頃のを。おおおおおおっ?ひとみちゃんの声が幼いぜ。それに、知らない曲もある~。と、内心ニヤニヤしながら(だって、実際にニヤニヤしながら車運転してたら、おかしいでしょ~?)聞いてます。まだ、途中だけど。
ところで、6月発売予定になっていたDVDって、発売中止なんですか?なんで??どうして???
[2006/04/24 21:53] | うたっておどろんぱ! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
さようなら、また会う日まで・・・いや、それはないと思うけど(笑)
私のまんが本は、全て実家に置いてある。実家は、娘2人が家を出てしまったので、今ではじじばばと犬1匹の生活だ。だから、私と姉の部屋は2階にそのまま残っている。それぞれの部屋にまんが本が・・・。とはいえ増えすぎないように、2人とも時々整理して入るんだけどね。つまり、古本屋行き。
久々に行こうかって、姉と話が出た。


今回は、長すぎちゃって興味の薄れてきてしまった2作ばかりが、候補に上がっている。ひとつは「名探偵コナン」。薄れすぎちゃって、50巻抜けてるし。おまけに、買おうとしないし。もうひとつは、まだ18巻くらいなので長すぎるというのもなんなんだけど、「9番目のムサシ」。最初の頃は面白かったんだけどね~。
で、せっかくなのでもっとないかとあさっていたら・・・。「月華佳人」、これなんかどうだろう?続き、全然出ないし。ていうか、「ドラゴン騎士団」以外、持ってっちゃおうかな。
とまあ、けっこう減りそうな感じ。

ただ、これをいつ持って行けるんだろう??
とりあえず、今週はもう予定がいっぱい。ただの主婦なのに、なんなんでしょうかね、私ったら。
[2006/04/25 16:18] | まんが | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
そうはならないと思っていても、いつのまにかそうなってしまっていることってあるよね。だって、人間は弱い生き物だからさ(笑)
以前、とあるブログで見たのですが、おどろんぱご出演中の緑のお方が、イベントで隣の方におっしゃったそうです。
「バク転やろうぜ」

「バクテンヤロウゼ」

「ぜ」??????


そりゃもう、驚愕いたしました。
あのキャラは、作られたもの。決してあのお方ご自身の性格そのままではない。わかっていた。いや、わかっているつもりになっていた。真実、私にはわかっていなかったのです。
だから、「ぜ」と言う言葉にショックを受けてしまったのです。
あああああ。
それでは、テレビドラマで主人公をいじめる役の人に向かって、
「アンタいいかげんにしいや(なぜにエセ関西弁)」
と詰め寄るオバさんと同じではないか。

がっくし。
[2006/04/26 20:57] | うたっておどろんぱ! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
人生なかなか思うようには行かないのが、実情です。
姉が先月、パートをやめまして。
これで、月木に限定されていたまんが喫茶が、他の曜日も解禁になる?などと、内心ほくそえんでいた私ですが、これがなかなか。
姉ときたら、今まで遊べなかった分、はっちゃけ(爆)ちゃってて、実家にも全然来ないのだ。
まあ、今週は、小学校が家庭訪問週間で、長女の帰りがずっと早かったから、どうせ行けなかったんだけどね。
もう、連休に入ってしまうので、その間はまんが喫茶どころか、実家へも行けない。ダンナの会社は、9連休だもの。

は~。
ストレスたまりそう・・・。
そういえば、今日「7SEEDS」と「鋼の錬金術師」を買ってきたんだった。こっそり読んで、憂さを晴らそう♪
らりら~ん(≧∇≦)
[2006/04/28 23:49] | まんが | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
どうも私は他人とテンポがずれているような気がするのは、きっと気のせいではない(涙)
おどろんぱ!」、昨日の放映を録画したものを、今日見た。予想通りというか、予定通り(?)先週の再放送。でも、ここで切るとチビが怒るので、そのままにしていた。

先週分も、何度かリプレイして見ていたのだが、どうして私が「水底」だと思ったのか、自分でも少し不可解なところがあった。それが、今日見ていて、はたと気がついた。(相変わらず遅い私(^_^;) )

目線、である。

青山さんの目が、一瞬上のほうを見上げたのだ。
足元の下生えの草を薙ぐ風ではなく、ほほを撫ぜ髪をなぶる風でもなく。それを水底にたゆたい、ゆらめく水の流れだと思ったのは。青いきらめく照明と、青山さんの目線のためだったのだ。
流れに揺られゆらめきながら、絶えず形を変える水面に反射し、または水中に差し込む明るい日の光を見上げる。その目には喜びと、少しばかりの外の世界への憧れをたたえて。
青山さんは、ダンスだけではないと、再確認した回でした。

あ~、すっきりしたヾ(´▽`;)ゝ ウヘヘ
[2006/04/30 23:42] | うたっておどろんぱ! | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。